楽しい事しかしたくない

勤労勤勉努力が嫌いです

【韓国映画】サバハ 感想 ネタバレなし/あり

こんにちは~

今日はネットフリックス映画、サバハがめちゃめちゃ面白かったので感想&解説です~

 

サバハ

f:id:achobi:20190629173510j:image

韓国の映画ポスターってスタイリッシュで良すぎる

 

監督:チョンジェヒョン

スリラー/韓国/122文

主演:イジョンジェ・パクジョンミン・イジェイン

 

財閥ものやラブロマンスじゃない韓国映画の中では久々のヒット。オカルト要素を存分に盛り込んだミステリ映画になります。

超個人的な意見だけど、アジア映画のホラーのあのジメっとした空気感好きだな~

f:id:achobi:20190629173630j:image

ジメッとした空気感:例

 

韓国でも話題になったえ映画なのに、日本で全く宣伝しないの悔しい。国内映画の

良作を見放題コンテンツで開放していることってあまりないけど、韓国映画はいい作品ばんネットフリックスなんかで公開してくれているのでありがたい。

 

サバハについてなんですけども、新感染(原題:釜山行)と同じくタイトルの出し方が最高にゾクゾクした。不穏な音楽、薄暗い画面、何かある家、足を引きずる少女、踊り狂う女とその信者たち、蛇・・・どれ一つとっても嫌な予感しかしない。

f:id:achobi:20190629173706j:image

これ絶対扉の向こうに何かいるでしょ

 

そしてその嫌な予感は予想をはるかに超えてすべて当たります 笑

 

冒頭の足を引きずる少女が主人公かと思いきや主役は、胡散臭い新興宗教団体の実態を暴きネタにして週刊誌に売る牧師でした。主役のクセがすごい。

f:id:achobi:20190629173808j:image

主人公はイ・ジョンジェ

 

双子姉妹の誕生、悪鬼、蛇、シカ、不審死した中学生、自殺する容疑者、冷たい緊張感の中で展開するこれらの要素が繋がり、宗教の持つ力と矛盾をオカルト的に解釈。ミステリ好きもホラー好きも見て損はないと思います。

 

f:id:achobi:20190629174009j:image

 

 

おおまかな感想はこの辺にして、ネタバレ感想に移ります 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからネタバレ

 

 

私は宗教に詳しくないので、なんで悪鬼が最終的に神になってんだ?とかいろいろわかってなかったのですが

 

考察をいくつか読むに、恐らく神となったキム・ジェソクが罪のない女子中学生たちを全員殺すという悪に堕ちてしまったことで悪鬼が神になったということみたいです

 

サバハというタイトルは仏教におけるメシア(救世主)をサバハというみたいで

 

f:id:achobi:20190629174530j:image

チョンナハンが担っていた役割も、仏教の四天王のうちが1人。悪を断罪する名目で女子中学生を次々と殺してました。

 

宗教というか、信仰心が持つ力って(その宗教の教えに従って)道徳的になればなるほど、盲目的になっちゃう怖さなのかな〜きっとナハンもただ殺せって言われたら殺してない(大義名分を与えられてても罪悪感に苦しんでいたし)。けれど自分を救ってくれた養父に、殺すだけの正当な理由と役割を与えられたから必死になって使命を果たそうとしてこうなった訳で、主人公のいう通りナハンも可哀想な子なんだなと思いました。

 

ていうか同じ地域の同じ年代の女の子たちが殺されまくってたら普通わかるやろ

f:id:achobi:20190629175655j:image

こいつがめっちゃ無能だった警官

 

同じ共通点をもつ女の子たちが60人くらい殺されていたのに気づいてない警察だけが謎でした。

 

あと金髪が菅田将暉にしか見えなかった。

f:id:achobi:20190629175758j:image

動画の方が似てるな

 

f:id:achobi:20190629175844j:image

→双子の姉に餌をあげるシーン

f:id:achobi:20190629175910j:image

→出会い系やってるシーンがあったけど自撮りがかわいくてびびった。韓国ってかわいい女の子役を全然かわいく撮らないよねでもそれがいい。

 

この女の子がナハンに殺されそうになったとき

「殺されるのは構わないけど、

 

どうして殺すかだけ教えて。」

って静かに聞くシーンが何気に良かった。

中学生で殺されるのは構わないけどって言えるってどれだけ自分自身に未来が無いと思ってたんだろう。

 

最後にサバハのポスターかっこいいので、キャッチコピーの和訳と共に乗せていきます。

 

f:id:achobi:20190629180313j:image

→生まれてはいけないモノが生まれた
f:id:achobi:20190629180317j:image

→全てのことは繋がっている
f:id:achobi:20190629180309j:image

→ソレが生まれて、全ての事件は始まった
f:id:achobi:20190629180320j:image

→ソレを、探さなければならない

 

 

 

シンさんかわいかった。

韓国でもグーグルのことを先生みたいな言い方するんですね。

 

以上でーす